RX 5300のスペック推測

残るNavi14のSKUはXL、WKS Pro-XLとなった。
前者はRX 5300、後者はRadeon Pro W5300とかの名前で出るのではないかと思う。
XTの有無は、XLXというSKUは確認されていないため、どっちかだけだと思うがそうなるとXTが付く意味がなくなる。
そういう訳で「RX 5300」だと個人的には考えているが、それで書き続けるとややこしいため、以下Navi14 XLとする。

Navi14 XLで確定しているのはGame Clockだけで、他の部分をRX 5300Mのスペックを元に考えると、
まずコア周りはそのままでRX 5500等と同一、メモリ周りはバス幅を96-bitにするのではないだろうか。

96-bitならばメモリチップを1枚減らすことができ、それはそのままコストの低下に繋がる。
性能こそ下がりはするが、RDNAの構成ならばROPを減らさずに済むため、グラフィック性能への影響はある程度抑えられる……というのは以前書いた。 Navi14のちょっとしたまとめ
メモリそのままで性能をCU数で調整するよりはコストは下がり、エントリー向けとして出すならば安い方がユーザーに受けるだろう。

消費電力がどうなるかは、まずGame Clockが同じRX 5500Mが――イマイチ公式の情報がないが――TDP 85Wとなっており、
メモリチップ1枚で大きく変わるとも思えないため、Navi14 XLも概ね85Wと思われる。
基本補助電源1x 6-pin、Boost Clock次第で補助電源無しがあるかどうか。

現状Radeonの補助電源無しでトップの性能を持つのはRX 560だろうか?
せっかくなので最大クロックを1080MHzに制限して使っているRX 560を以下の表に加えてみた。

並べて今更に思ったがここまで差があるとは思わなかった。
メモリバス幅こそ減ったものの、GDDR6 14Gbpsによって1.5倍の帯域、グラフィック周りは2倍以上、FP16はPacked実行のおかげで約3.7倍の演算能力を期待できる。
FP16は個人的なもので言うと、waifu2x-ncnn-vulkanで使ったりするため、結構嬉しいかもしれない。

RX 5300Mのスペックを元に推測したスペック表

Navi14 My RX 560 RX 5300M Navi14 XL (guess)
WGPs N/A 11 11
CUs 16 22 22
SPs 1024 1408 1408
TMUs 64 88 88
ROPs 16 32 32
Game Clock (MHz) N/A 1181 1448
Boost Clock (MHz) 1080 1445 ?
Max Memory Size (GB) 4 3 (3/6)?
Memory Interface (bit) 128 96 96?
Memory Speed (Gbps) 7 14 14
Memory Bandwidth (GB/s) 112 168 168?
Peak Texture Fill-Rate (GT/s) 69.12 127.20 ?
Peak Pixel Fill-Rate (GP/s) 17.28 46.20 ?
FP16 (TFLOPS) 2.21 8.14 ?
FP32 (TFLOPS) 2.21 4.07 ?
Typical Board Power (W) <48 ? ~85?

過去Navi14まとめ
Navi14 Matome
Navi14 Matome Part2
Navi14 Matome Part3
Navi14のちょっとしたまとめ

Update:
 2020/07/20 11:51 JST