GPU

ブロックチェーン向けの Navi10 SKU とそこから読める文脈

Linux Kenrel (amd-gfx) にブロックチェーン向けの Navi10 SKU をサポートするパッチが投稿された。 [PATCH 1/3] drm/amdgpu: add DID for navi10 blockchain SKU DID (DeviceID) はこれまでに使用されていなかった 0x731E が使われ、RID (RevisionID) に ...

Sienna Cichlid は MALL 機能をサポート

Linux Kernel (amd-gfx) に RDNA 2 /GFX10.3 世代の GPU、Sienna Cichlid が持つ MALL 機能を有効化するパッチが投稿された。 [PATCH 2/3] drm/amdgpu: add support to configure MALL for sienna_cichlid (v2) [PATCH 3/3] drm/amdgpu/display: add MALL support 詳細は不明な MALL 機能 MALL は Memory ...

LLVM に旧世代の AMD GPU に向けた GPUID が追加される

AMD GPU のコンパイラバックエンドとして用いられる LLVM に、現行よりも二世代から四世代前の GPUID を一部整理するためのパッチが投稿された。製品が出た年で言えば、 ...

ACOバックエンドでも NGG をサポートする動き

Mesa3Dに、RADV(Vulkan) ドライバーの ACOバックエンド においても NGG(Next Generation Geometory) をサポート、そしてデフォルトで有効にするマージリクエストが ...

AMD Navy Flounder は Navi22 で gfx1031 という話

それだけの話なんだけど、ヒラメとカレイとを間違えるようなうっかりではない方向に話が行ったりする。 ROCm のデバッグツール ROCm-Developer- ...

新たな AMD RDNA 2 GPU、"Dimgrey Cavefish" & "VanGogh"

Mesa3D に、新たな RDNA 2 /GFX10.3 GPU、Dimgrey Cavefish と VanGogh のサポートを追加されたマージリクエストが投稿された。 OSS にこれらチップの名前が追加されたのは初であり ...

【XDC2020】AMD GPU のメモリ暗号化機能 TMZ ―― DRMへの活用も

XDC2020 にて、AMD GPU のドライバーに実装されている TMZ(Trust Memory Zone) 機能について、AMD の Ray Huang 氏が講演を行なった。 XDC 2020 – Day 1 – September 16, 2020 – YouTube X.Org Developers Conference 2020 (16-18 September 2020): Secure Buffer Object Support with Trusted ...

AMD GPU の世代における FMA、MAD 命令の微妙な仕様と違い

最近 Mesa3D に組み込まれた変更の中に以下のようなコメントがあった。 /* gfx6-8: use MAD (FMA is 4x slower) * gfx9-10: either is OK (MAD and FMA have the same performance) * gfx10.3: use FMA (MAD doesn't exist, separate MUL+ADD are 2x slower) * * FMA has no advantage on gfx9-10 and MAD ...

PCIeカード型の Radeon Pro W5700X 32GB?

ベンチマークプラットフォーム OpenBenchmarking.org に以下のような、Navi10 をベースとしたVRAM 32GBを搭載するカードを組み込んだシステムの結果が見つかった。 ...

Intel Alder Lake-S の GPU は Gen12アーキテクチャ

CPU部は Golden Coce (Core) と Gracemont (Atom) のハイブリッド構成を取ることが明かされている Alder Lake だが、intel/gmmlib に組み込まれた変更から、 デスクトップ向けとさ ...