Coelacanth's Dream

Intel Raptor Lake-S Bootlog

Intel GFX CI に次世代 Intel デスクトップ向けプロセッサ Raptor Lake-S の Bootlog がアップロードされていた。

プラットフォーム名は Intel Corporation Raptor Lake Client Platform/RPL-S ADP-S DDR5 UDIMM CRB、Base Clock 1.8 GHz で動作している。

 <6>[    0.000000] DMI: Intel Corporation Raptor Lake Client Platform/RPL-S ADP-S DDR5 UDIMM CRB, BIOS RPLSFWI1.R00.2397.A01.2109300731 09/30/2021
 <6>[    0.000000] tsc: Detected 1800.000 MHz processor
 <6>[    0.000000] tsc: Detected 1804.800 MHz TSC

CPU Name は Genuine Intel(R) 0000 になっており、ES品とされる。
CPUID Model は 0xB7、これは以前に投稿されたパッチの情報と一致し、確かに Raptor Lake-S だと言える。
Alder Lake-S と同じ GPU IP となる Raptor Lake-S | Coelacanth’s Dream

 <6>[    0.781389] smpboot: CPU0: Genuine Intel(R) 0000 (family: 0x6, model: 0xb7, stepping: 0x0)

Alder Lake 同様にハイブリットアーキテクチャを採用していると思われるが、PMU (Performance Monitoring Unit) ドライバがまだ Raptor Lake-S に対応していないため、コア構成は読み取れない。
32 CPUs (Threads) が認識されており、Alder Lake-S の 24 Threads (Golden Cove: 8C/16T + Gracemont: 8C/8T) から増加していることは確認できる。

 <6>[    0.784998] x86: Booting SMP configuration:
 <6>[    0.785013] .... node  #0, CPUs:        #1  #2  #3  #4  #5  #6  #7  #8  #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31
 <6>[    0.895973] smp: Brought up 1 node, 32 CPUs
 <6>[    0.895973] smpboot: Max logical packages: 1
 <6>[    0.895973] smpboot: Total of 32 processors activated (115507.20 BogoMIPS)

また AVX2 までの対応となっており、AVX512 には対応していない。
以前 Rocket Lake-S の Bootlog (dmesg) を取り上げた。AVX512 をサポートしている場合は、その時の Bootlog のように AVX-512 opmask といったメッセージが出力される。
Intel Rocket Lake は AVX-512 をサポート & 推測 | Coelacanth’s Dream Alder LakeGolden Cove コアには Sapphire Rapids と同じ範囲の AVX512 が実装されているが、Gracemont コアが有効な時は ISA を対称とする関係で AVX512 は無効化されていた。1
Bootlog から、この点が Raptor Lake-S でも続くと見られるが、まだ ES品の段階であり、今後どういった方針を採るかは変更される可能性がある。

 <6>[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x001: 'x87 floating point registers'
 <6>[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x002: 'SSE registers'
 <6>[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x004: 'AVX registers'
 <6>[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x200: 'Protection Keys User registers'
 <6>[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[2]:  576, xstate_sizes[2]:  256
 <6>[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[9]:  832, xstate_sizes[9]:    8
 <6>[    0.000000] x86/fpu: Enabled xstate features 0x207, context size is 840 bytes, using 'compacted' format.

  1. Intel Disabled AVX-512, but Not Really - The Intel 12th Gen Core i9-12900K Review: Hybrid Performance Brings Hybrid Complexity ↩︎