LLVM に GFX90A のサポートが追加される ―― CDNA 2/MI200 か

Update: 2021/06/06 06:53 +0900

AMDGPU のコンパイラバックエンドとしても用いられる LLVM に、GPUID gfx90a のサポートを追加するパッチが投稿された。
[AMDGPU] gfx90a support · llvm/llvm-project@a8d9d50 Vega/GFX9 世代であること、Arcturus/MI100/gfx908 と同様に SRAM ECC、MFMA命令等をサポートしていることから、 CDNA 2 (次世代 CDNA ) GPU、MI200 の GPUID ではないかと思われる。

Index

Packed FP32 / FullRate FP64

以下は gfx90a がサポートする ISA と機能の範囲だが、FeaturePackedFP32OpsFullRate64Ops が存在する。

   def FeatureISAVersion9_0_A : FeatureSet<
     [FeatureGFX9,
      FeatureGFX90AInsts,
      FeatureFmaMixInsts,
      FeatureLDSBankCount32,
      FeatureDLInsts,
      FeatureDot1Insts,
      FeatureDot2Insts,
      FeatureDot3Insts,
      FeatureDot4Insts,
      FeatureDot5Insts,
      FeatureDot6Insts,
      Feature64BitDPP,
      FeaturePackedFP32Ops,
      FeatureMAIInsts,
      FeaturePkFmacF16Inst,
      FeatureAtomicFaddInsts,
      FeatureMadMacF32Insts,
      FeatureSupportsSRAMECC,
      FeaturePackedTID,
      FullRate64Ops]>;

名前から推測するに、前者は FP32演算を 2つ束ねて (Packed) 実行することで 2倍のレートで処理する機能、後者はフルレートで FP64演算を行う機能と思われる。
そう言ってしまうとあっさりしているが実際は凄まじい演算部の強化であり、これまでの AMD GPU における FP64演算は、FP32演算のレートの半分というのが通常だった。
ピークFP64演算性能 11.5 TFLOPS を持ち、10 TFLOPS の壁を突破した初の GPU である Arcturus/MI100 でも FP32演算の半分のレートであり、GPU内部のクラスタとなる ShaderEngine 8基、総 CU 120基という、それまでの AMD GPUアーキテクチャを踏襲しつつ、規模を増やすことでその性能を達成している。
AMD、初の CDNAアーキテクチャ GPU 「MI100」 を発表 | Coelacanth's Dream 合わせて FP32演算のパックド実行もサポートしたことから、演算ユニット、ベクタレジスタは FP64 が基本単位となっていると思われ、 Arcturus/MI100 から倍のリソースとなる。

   unsigned GCNTTIImpl::getRegisterBitWidth(bool Vector) const {
     return (Vector && ST->hasPackedFP32Ops()) ? 64 : 32;
   }

MFMA (Matrix Fused Multiply-Add) 命令も拡張され、強化された演算ユニットに向けた命令がいくつか追加されている。

   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f32_32x32x4bf16_1k>;
   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f32_16x16x4bf16_1k>;
   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f32_4x4x4bf16_1k>;
   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f32_32x32x8bf16_1k>;
   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f32_16x16x16bf16_1k>;
   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f64_16x16x4f64>;
   def : SourceOfDivergence<int_amdgcn_mfma_f64_4x4x4f64>;

MI200 の CU数等は当然まだ不明だが、CUあたりの演算性能は向上しており、Arcturus/MI100 と変わらないか多少少ない CU数だとしても、全体的なピーク演算性能は大きく向上すると考えられ、 CDNA 2/MI200 はよりコンピュート性能に重きを置いた GPU となることが予想される。

TgSplit

gfx90a ではフロントエンド部の新たな機能として TgSplit モードがサポートされている。

TgSplitThread group Split の略とされる。
1つの Workgroup は通常同じ CU に割り振られ、CU内の異なる SIMDユニットで実行されるが、
TgSplit では Workgroup を分割、異なる CU での実行を可能とする。
(CU内の SIMDユニット数は、GCNアーキテクチャでは CUあたり 4 SIMDユニット、RDNA では 2 SIMDユニット。
Workgroup は GPU が処理するカーネル内のブロックであり、スレッドの塊である Wavefront が最大 16個格納されている。Wavefront の単位は GCN では 64スレッド、RDNA では 32スレッド。RDNA は 64スレッドにも対応している。)

TgSplit モードは少ない Workgroup 数であっても CU の稼働率を引き上げられる機能に見えるが、CU内の高速なローカルメモリ、LDS (Local Data Share) は 1つの Workgroup内のスレッド間で共有するため、Workgroup を分割し、異なる CU で実行する TgSplit モードでは LDS が割り当てられない場合があるとしている。
そのため、TgSplit モードを活用し、性能を引き出すにはソフトウェア側の新たな最適化が必要と考えられるが、そこは ROCmソフトウェアが担当するのだろう。

実行フローにおける新たな TgSplit モードの追加は、AMD GPUアーキテクチャとして大きな変更点だと言える。
gfx90a では演算部が大きく強化されているが、それはユニット面積、GPUチップの製造コストにも響く。gfx90a の CU はこれまでの AMD GPU より大きくなるだろう。Arcturus/gfx908 から増設された miSIMDユニット (Machine Intelligence SIMD) と AccVGPR (Accumulation VGPR) の存在もある。
そういった点では、TgSplit モードは増強された CU の稼働率を上げ、ダイに掛かるコストパフォーマンスを高めるために必要だったのではないか、という見方もできる。

また、 XGMI/Infinity Fabric Link によるメモリ共有が可能なマルチGPU構成時のメモリモデルも改良され、仮想アドレスが割り当てられている L2キャッシュを、必要以上に無効化することを減らす工夫が採り入れられている。

AMDGPU GPU ID
Vega10 gfx900
Raven/Picasso gfx902
Vega12 gfx904
Vega20 gfx906
Arcturus gfx908
Raven2 gfx909
MI200? gfx90a?
Renoir/Lucienne
/Green Sardine (Cezanne)
gfx90c
Navi10 gfx1010
Navi12 gfx1011
Navi14 gfx1012
Sienna Cichlid (Navi21) gfx1030
Navy Flounder (Navi22) gfx1031
Dimgrey Cavefish (Navi23) gfx1032
VanGogh gfx1033?
FeedbackChangelog