Linux Kernel に RDNA 2 GPU "Dimgrey Cavefish" をサポートするパッチが投稿される

次世代 RDNA 2 /GFX10.3 世代の GPU、Dimgrey Cavefish をサポートするパッチが Linux Kernel (amd-gfx) に投稿された。
[PATCH 00/50] Add support for Dimgrey Cavefish

DCN3.02

Sienna CichlidNavy Flounder が DCN3 を、VanGogh APU はマイナーバージョンとなる DCN3.01 と搭載するのに対し、Dimgrey Cavefish はまたびみょうにバージョンが進んだ DCN3.02 を搭載する。
[PATCH 49/50] drm/amd/display: Add support for DCN302 (v2)

Dimgrey Cavefish の最大画面出力数は Sienna Cichlid, Navy Flounder よりも 1画面少なくなり、DCN3 を搭載する Sienna Cichlid, Navy Flounder は最大 6画面出力だが、DCN3.02 の Dimgrey Cavefish では 最大 5画面となる。
GPU の規模に関する推測を何かしら立てるのは苦手、嫌いとも言えるが 最大画面出力数を 1画面減らすのは、Polaris10 に対する Polaris11/12Navi10 に対する Navi14 等、ある GPU よりも規模を抑えた GPU によく見られる設計である。

 +static const struct resource_caps res_cap_dcn302 = {
 +       .num_timing_generator = 5,
 +       .num_opp = 5,
 +       .num_video_plane = 5,
 +       .num_audio = 5,
 +       .num_stream_encoder = 5,
 +       .num_dwb = 1,
 +       .num_ddc = 5,
 +       .num_vmid = 16,
 +       .num_mpc_3dlut = 2,
 +       .num_dsc = 5,
 +};
 +


他は概ね Sienna Cichlid, Navy Flounder と同じとなっており、マルチメディアエンジンには VCN3 1基、SDMAエンジンは 2基となっている1。 なお、XGMI をサポートする Sienna Cichlid は SDMAエンジンを 4基搭載している。2

Update:
 2020/10/10 00:28 JST