AMD、Zen 2 クアッドコアなRyzen 3 3100、Ryzen 3 3300Xを発表

AMDは2020/04/21付けで、Zen 2 4-Core/8-Thread、TDP 65Wとなる Ryzen 3 3100Ryzen 3 3300X 、そしてSocket AM4向けのPCIeGen4をサポートした新たな B550チップセット を発表した。
Ryzen 3 3100/3300X は2020/05/21に、B550チップセット を採用したマザーボードはパートナー各社から2020/06/16に発売が開始される予定。

AMD Expands 3rd Gen AMD Ryzen Desktop Processor Family, Unleashing Powerful “Zen 2” Core For The Mainstream | Advanced Micro Devices

余談

やる気の問題により、完全な余談。

3100/3300X というセグメントになったのは、Picasso APUの Ryzen 5 3400GRyzen 3 3200G 存在するからと思われ、
結果、Ryzen 3 3200G が 4-Core/4-Threadでありながら、Ryzen 3 3100 は 4-Core/8-Threadという、コア/スレッド数の指標において逆転現象が起こっている。

また、デスクトップ向け3000シリーズでは今回で、Athlon 3000Gも加えてだが 上二桁目が 0〜9 まで埋まることとなった。
AMDがさらに細かく数字を刻んでSKUを追加しないという保証はないが、どことなくデスクトップ向け4000シリーズが近づいてきた、という気になってくる。
AMDはFinancial Analyst Day 2020にて、第4世代Ryzenが2020年中に登場することを予告しており、そう遠い未来でもないはずだ。1

デスクトップ向けRenoirにももちろん期待が持てるが、デスクトップでは Renoir がサポートしている LPDDR4Xメモリが使えないため、個人的には、8-Core/16-Threadで外部GPUの無い小型PCに挑戦する人がかなり出てきそうなことの方が楽しみだ。
自分も Ryzen 5 2600 + RX560 から、Deskmini A300 に Renoir を載せたシステムに移行してみたい。

Update:
 2020/07/20 11:51 JST