Coelacanth's Dream

N バリアントも存在する Alder Lake

プロプライエタリな BIOS (firmware) の置き換えを目指すフリーソフトウェアプロジェクト Coreboot に、Alder Lake-N の CPUID, DeviceID を追加するパッチが投稿、公開されている。

CPUID

Intel CPU では CPUID における Model がマーケットセグメント別に割り当てられていることが多く、例えば Alder Lake-M/P はどちらもモバイル向けであり、Model: 0x9A (ALDERLAKE_L) が割り当てられている。1 ALDERLAKE_L と Alder Lake-P/M | Coelacanth’s Dream

今回のパッチによれば Alder Lake-N には、デスクトップ向けの ALDERLAKE_S (Model: 0x97) ともモバイル向けの ALDERLAKE_L (Model: 0x9A) とも異なる、Model: 0xBE が割り当てられている。

 #define CPUID_ALDERLAKE_S_A0		0x90670
 #define CPUID_ALDERLAKE_A0		0x906a0
 #define CPUID_ALDERLAKE_A1		0x906a1
 #define CPUID_ALDERLAKE_A2		0x906a2
 #define CPUID_ALDERLAKE_A3		0x906a4
 #define CPUID_ALDERLAKE_N_A0		0xb06e0

デスクトップ向けでもモバイル向けでもないことから、Alder Lake-N は組み込み向けのプロセッサではないかと思われる。
ただ intel-family.h にはまだ ALDERLAKE_N (Model: 0xBE) は追加されておらず、他 Alder Lake 同様に Golden Cove + Gracemont のハイブリッドアーキテクチャを採るのか、組み込み向けとして処理性能を安定させるため Gracemont だけの構成とするのかなどは不明。

余談だが、 Intel Corporation の Githubレポジトリの 1つ intel/dptf (Intel (R) Dynamic Tuning for Chromium OS) には既に Meteor Lake M & P, N, S の CPUID が記載されており、モバイル向けに M & P、デスクトップ向けに S、そして恐らく組み込み向けだろう N の 3つのセグメントに分かれる方針は Meteor Lake にも用いられると思われる。

 #define CPUID_FAMILY_MODEL_MTL_M_P	0x000A06A0		// Meteor Lake M & P
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_MTL_N	0x000A06B0		// Meteor Lake N
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_MTL_S	0x000606C0		// Meteor Lake S
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_RPL_S	0x000B0670		// Raptor Lake S
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_RPL_P	0x000B06A0		// Raptor Lake P

GPU

GPU部の DeviceID も 0x46A0/0x46A3 の 2つが追加されている。

 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_ADL_M_GT1			0x46c0
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_ADL_M_GT2			0x46aa
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_ADL_M_GT3                   0x46c3
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_ADL_N_GT1			0x46A0
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_ADL_N_GT2			0x46A3

Mesa3D 内の iris_pci_ids.h では、2つの DeviceID は Alder Lake GT2 に当たるため、Alder Lake-N の GPU部は Alder Lake-M/P 同様に最大 96EU の構成とされる。
また Alder Lake-N の DeviceID の上に PCI_DEVICE_ID_INTEL_ADL_M_GT3 があるが、この DeviceID: 0x46C3 も Alder Lake GT2 に当たる。そのため製品的な意味では GT3 なのかもしれないが、最大構成としては Alder Lake GT2 (96EU) だと思われる。

あるいは、Jasper Lake の GPU部の DeviceID にも GT1 から GT4 があるが、Intel のドキュメントによれば GT4 (0x4E55) は 16EU、GT3 (0x4E61) は 24EU、GT2 (0x4E71) は 32EU、GT1 (0x4E51) は予約された ID にあたるため、単に連番以上の意味は持たないかもしれない。2

 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_JSL_GT1			0x4E51
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_JSL_GT2			0x4E71
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_JSL_GT3			0x4E61
 #define PCI_DEVICE_ID_INTEL_JSL_GT4			0x4E55
(追記)

パッチが更新され、0x46A0/0x46A3 ではなく 0x46D0/0x46D1/0x46D2Alder Lake-N GPU部の DeviceID として追加された。

他OSSでの情報から、Alder Lake-N GT1 最大 32EU構成である可能性が高くなった。
<a target="_blank" rel=“noopener noreferrer” href="/posts/2022/01/12/adl_n-chromebook-board/"

title=“Alder Lake-N を搭載する Chromebookボード Nissa, Nivviks, Nereid | Coelacanth’s Dream”

Alder Lake-N を搭載する Chromebookボード Nissa, Nivviks, Nereid | Coelacanth’s Dream

(追記終了)

参考リンク


  1. https://github.com/torvalds/linux/blob/fbdb5e8f2926ae9636c9fa6f42c7426132ddeeb2/arch/x86/include/asm/intel-family.h ↩︎

  2. Compute Global Device ID - 005 - ID:633935 | Intel® Pentium® Silver and Intel® Celeron® Processors Datasheet, Volume 1 ↩︎