AMD A9-9820 CPU は Jaguarアーキテクチャ

知っている人には今更な内容かも。

以前 CHUWI が発表した Mini PC AeroBox に搭載される未だ謎の多いプロセッサ、A9-9820 だが、
Geekbench の実行結果が 2020/06/24 にアップロードされていた。
Default string Cato – Geekbench Browser, Default string Cato – Geekbench Browser

発表されたその時は、A9-9820 を Bulldozer系アーキテクチャ(Family 15h) ではないかと考えたが、Geekbench の実行結果を見ると Family 22(16h) Model 38(22h) となっており、Jaguar系アーキテクチャ(Family 16h) であるようだ。(やっぱ自分の推測ってロクに当たらない)
CHUWIよりAMD A9-9820搭載MiniPC発売予定 & 推測 | Coelacanth’s Dream

まだまだ謎ばかり

前回違うと考えた、ゲーム機向けチップの転用が逆に正しかったのかははっきりとせず、曖昧なままだ。

メモリ情報が正しく取得されておらず、帯域も異様に低くなっている。CPUの実行結果であっても、GPU情報が取得されている場合があるのだが、それもさっぱり。

Xbox One SoC だとしたら L3/L4キャッシュに ESRAM 32MB が認識されているのでは、と最初考えたが、HotChips 25 での発表によると、ESRAM 32MB はグラフィクス専用であり、CPUからは直接アクセス出来ないようになっているため、恐らく Xbox One SoC で実行しても ESRAM 32MB は認識されないだろう。1
Xbox One SoC はメインメモリに DDR3 4ch を持つが、前述したようにメモリ情報が正しく取得されていないため、はっきりしない。

Northbridge: AMD ID1546 00 を手掛かりに、The PCI ID Repositoryを確認しに行ったが、Kryptos/Cato/Garfield/Garfield+/Arlene/Pooky Root Complex とあり、これまたはっきりしない。2
その一連のコードネームも謎で、KryptosXbox One SoC 3を、CatoA9-9820 等のベースとなるチップを指すらしいが、他は不明。
ただ Root Complex の PCI ID はそれぞれ別のチップで共用することがあり、RavenRaven2 がそうなっている。4
そのため、Kryptos /Xbox One SoC == Cato ではない(!=) と考えている。これも外れるかも

A9-9820 実物を搭載した製品が出てきてくれれば手っ取り早いのだが、CHUWI AeroBox は 2020/03/12 に近日発売とアナウンスしたきり、続報が無い。

Update:
 2020/07/20 11:51 JST