AMD、ROCm v3.5.1 をリリース & 問題への対処法

AMD は一部問題の修正と機能追加を施した ROCm v3.5.1 をリリースした。
RadeonOpenCompute/ROCm at roc-3.5.1

自環境でも早速アップデートしてみたが、OpenCLの実行で新たに問題が発生した。
その対処法は後述。

ROCm 3.5.1 の変更点

問題の対処法

ROCm v3.5.1 というマイナーアップデートだからなのか、ライブラリやバイナリを置くディレクトリを /opt/rocm-3.5.1 にまとめるのではなく、更新があったのだろう一部を /opt/rocm-3.5.1 に、
そうでないものは /opt/rocm-3.5.0 に残されている。
それにより、AMD GPUが対応する中間命令を収めたビットコードが /opt/rocm-3.5.1/lib に移ったため、追加で環境変数を指定する必要があった。
自環境では以下のようなコマンドを .bashrc に記述している。

export ROCM_PATH="/opt/rocm-3.5.0"
export ROCM_PATH_3_5_1="/opt/rocm-3.5.1"

export PATH=$HCC_HOME/bin:$HIP_PATH/bin:$PATH
export OPENCL_LIBS="${ROCM_PATH}/opencl/lib"
export LIBOPENCL="${ROCM_PATH}/opencl/lib"

export LD_LIBRARY_PATH="${ROCM_PATH}/opencl/lib":$LD_LIBRARY_PATH
export LD_LIBRARY_PATH="${ROCM_PATH_3_5_1}/lib":$LD_LIBRARY_PATH

export OPENCL_HEADERS="${ROCM_PATH}/opencl/include"
export OPENCL_INCLUDES="${ROCM_PATH}/opencl/include"
export PATH=${ROCM_PATH}/bin:$PATH
export PATH=${ROCM_PATH}/opencl/bin:$PATH

ROCm v3.3.0 から最新版へのシンボリックリンクを作成するようになったのに、複数ディレクトリに分けるというのはどうなのだろう。
自分の環境、やり方が悪かっただけ?


Update:
 2020/07/20 11:51 JST