AMD、ROCm v3.5 をリリース

ユーザーはレポジトリからダウンロード、インストールが可能となっている。
Linuxディストリごとのインストール方法は以下から。
AMD ROCm Installation Guide v3.5.0 — ROCm Documentation 1.0.0 documentation

今リリースにおいてサポートが追加された GPU は無かった。
Arcturus をサポートする v3.2 、最適化が施される v3.4 を飛ばして v3.5 のリリースだが、何だか Arcturus /MI100 の正式発表のタイミングを計っているように感じる。
以前、2020/06/02 〜 2020/06/06 に開催される COMPUTEX TAIPEI で発表されるのではないかと予測したが、
その COMPUTEX TAIPEI が 2020/09/28 〜 2020/09/30 に延期してしまった。
近いイベントには ISC 2020(2020/06/22 〜 2020/06/25) があるが、プログラムを見るに大々的な発表はないように思える。
さていつになるのか。

ROCm 3.5 の主な変更点

その他、詳細は以下。
https://github.com/RadeonOpenCompute/ROCm/tree/roc-3.5.0#Whats-New-in-This-Release

リリースされてから早速アップグレードしてみたが、微妙にうまくインストールされず、それが解決しても OpenCL ライブラリ、ヘッダーへのパスを再設定する必要があった。
確か、以前はパスに x86_64-linux-gnu が付いてたはずだが、今リリースではなくなっていた。
ただ最近になって Debian のリリースレポジトリを testing に変更したため、ROCm側の問題とは言い切れないところがある。
一応、.bashrc または .xsessionrc に以下を記述することで再び OpenCLプログラムが実行可能となったため、参考にしていただけたら幸いだ。

export ROCM_PATH="/opt/rocm"
export OPENCL_LIBS="${ROCM_PATH}/opencl/lib"
export LIBOPENCL="${ROCM_PATH}/opencl/lib"
export LD_LIBRARY_PATH=${ROCM_PATH}/opencl/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export OPENCL_HEADERS="${ROCM_PATH}/opencl/include"
export OPENCL_INCLUDES="${ROCM_PATH}/opencl/include"
Update:
 2020/07/20 11:51 JST