AMD、ROCm v3.1.0リリース

新しいGPUのサポート追加等はなく、
インストール方法の変更1、Vega7nm( Vega20 ) のRAS2機能のサポート、SLURM3のサポート追加が主。
大きな更新はArcturusのサポートが予想されるROCm v3.2までお預けだろう。
しかしSLURMはクラスタのリソース管理、スケジューリングを行なうためのソフトウェアであり、HPCにROCmを採用するための改良は確実に進んでいる。

Release Tag for the roc 3.1 release · RadeonOpenCompute/ROCm
https://github.com/RadeonOpenCompute/ROCm/tree/roc-3.1.0#Whats-New-in-This-Release

OpenCLドライバも更新されているため、手持ちのRX560 (Polaris11, gfx803)4 で darktable-cltest (ver 3.0.0)5 を実行してみたが、問題はなかった。
それにしても、OpenCLだけでもGFX10世代のサポートを追加してもいいように思う。
自分が検証していないだけで、実行可能だったりするのだろうか?


  1. 従来のインストール先だった /opt/rocm をシンボリックリンクとし、実ファイルは /opt/rocm-<version> にインストールするようになった。これで複数バージョンのインストール、切り替えが容易となるはずだ。
    [return]
  2. Reliability, Accessibility, and Serviceability
    https://github.com/RadeonOpenCompute/ROCm/tree/roc-3.1.0#Reliability-Accessibility-and-Serviceability-Support-for-Vega7nm [return]
  3. Simple Linux Utility for Resource Management
    SchedMD/slurm: Slurm: A Highly Scalable Workload Manager [return]
  4. CPU: Ryzen 5 2600, Memory: 16GB, M/B: GA-A320M-HD2 F50a,OS: Debian GNU/Linux 10 (buster), Linux Kernel: 5.4.21 (custom) [return]
  5. darktable-org/darktable: darktable is an open source photography workflow application and raw developer [return]
Update:
 2020/07/20 11:51 JST