Radeon Pro W5700が発表

AMDよりRadeon Pro W5700が発表された。
特徴としては、RDNAでは初のデスクトップ向けPro製品であること、
RDNAでは現在唯一USB-Cコネクターを備えていること、
カバーデザインが青?一色から、真ん中に銀の帯が一本が入ったこと、
W”X”5700ではなく、W5700といったことが挙げられる。

USB-Cに関しては、NVIDIAがRTXシリーズにてUSB-Cを実装、
VirtualLinkに対応したのに対し、
AMDはRTXより後発のRX5700シリーズでは実装しなかった。

このことへの反応は、もうVRは落ち目だし仕方ないだとか、
AMDは遅れてる、だとかまあ様々だった。

今回AMDがW5700に実装したのは、まだクリエイター用途においてVRは終わってないことを示唆しているかもしれない。

スペックは、

Navi10 Product W5700 RX 5700 RX 5700XT
WGPs 18 18 20
CUs 36 36 40
SPs 2304 2304 2560
TMUs 144 144 160
ROPs 64 64 64
GameClock (MHz) ? 1625 1755
BoostClock (MHz) 1929 1725 1905
Max Memory Size (GB) 8 8 8
Memory Interface (bit) 256 256 256
Memory Speed (Gbps) 14 14 14
Memory Bandwidth (GB/s) 448 448 448
Peak Texture Fill-Rate (GT/s) 277.776 248.4 304.80
Peak Pixel Fill-Rate (GP/s) 123.456 110.4 121.90
FP16 (TFLOPS) 17.78 15.9 20.28
FP32 (TFLOPS) 8.89 7.95 10.14
TDP (W) 190
205 (+USB)
150 180

最大クロックではRX 5700XTを追い越し、TDPも相応に上がっている。

対抗相手にはQuadro RTX 4000を挙げており、
マルチタスクにおいては5.6倍の性能を見せ、最大18%省電力であると謳っている。

一応幅で言えば、W5700は2スロット、RTX 4000は1スロットと、
組み込みやすさでは後者に分がありそうだ。

Update:
 2020/07/20 11:51 JST