Coelacanth's Dream

Coreboot に Meteor Lake-M/P の DeviceID が追加される

Intel の Wonkyu Kim 氏より、Coreboot に Meteor Lake-M/P の CPUID/DeviceID (PCI ID) を追加するパッチが投稿されている。

Meteor Lake-M/P の Family, Model, Stepping を示す CPUID は 0xA06AX, (X = Stepping)。Model は 0xAA (170) となる。
今回のパッチで追加された Meteor Lake-M/P の CPUID は、intel/dptf (Intel (R) Dynamic Tuning for Chromium OS) 内に記述されているものと一致する。
少し Meteor Lake から外れるが、現時点で Raptor Lake-P のサポートを追加するパッチは Coreboot や Linux Kernel の各種ドライバーに投稿されていない。以下の Raptor Lake-P の CPUID Model: 0xBA (186) は、モバイル向け Rocket Lake のように内部的に割り当てられた仮の値なのだろうか。

 #define CPUID_METEORLAKE_A0_1		0xa06a0
 #define CPUID_METEORLAKE_A0_2		0xa06a1
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_MTL_M_P	0x000A06A0		// Meteor Lake M & P
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_MTL_N	0x000A06B0		// Meteor Lake N
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_MTL_S	0x000606C0		// Meteor Lake S
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_RPL_S	0x000B0670		// Raptor Lake S
 #define CPUID_FAMILY_MODEL_RPL_P	0x000B06A0		// Raptor Lake P

Meteor Lake は CPU, GPU, SoC, IO という 4種類の Tile で構成されることが Intel Investor Meeting 2022 で発表されている。1
従来の Intelプラットフォームでは、PCIe Root Port (RP)、インターフェイス等は CPUダイのアンコア部と PCHダイに実装されていたが、Meteor Lake では SoC Tile と IO Tile に実装される。
そして以下引用部の Device ID マクロ名から、IO Tile への追加の PCIe RP、インターフェイスの実装は Meteor Lake-P になると思われる。
Meteor Lake-M/P 間で SoC Tile は共通し、IO Tile は異なるというような実装になるのだろうか。その場合、従来の PCHダイは IO Tile に統合される形となる。

 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP1			0x7e38
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP2			0x7e39
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP3			0x7e3a
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP4			0x7e3b
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP5			0x7e3c
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP6			0x7e3d
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP7			0x7e3e
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP8			0x7e3f
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_SOC_PCIE_RP9			0x7e4d
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_IOE_P_PCIE_RP10		0x7eca
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_IOE_P_PCIE_RP11		0x7ecb
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_IOE_P_PCIE_RP12		0x7ecc

マクロ名から推察できる Meteor Lake-M/P の違いには他に USB4/Thunderbolt が挙げられ、Meteor Lake-M では DeviceID が RP には 2つ、DMA は 1つとなっているのに対し、Meteor Lake-P では RP に 4つ、DMA は 2つとなっている。
USB4/Thunderbolt に使用可能なレーン数や接続可能なデバイス数に違いがあるものと思われる。

 #define PCI_DID_INTEL_MTL_M_TBT_RP0		0x7eb4
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_M_TBT_RP1		0x7eb5
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_P_TBT_RP0		0x7ec4
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_P_TBT_RP1		0x7ec5
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_P_TBT_RP2		0x7ec6
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_P_TBT_RP3		0x7ec7
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_M_TBT_DMA0		0x7eb2
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_P_TBT_DMA0		0x7ec2
 #define PCI_DID_INTEL_MTL_P_TBT_DMA1		0x7ec3

参考リンク


  1. Notices and Disclaimers - 2022-Intel-Investor-Meeting-Client.pdf ↩︎