Cyan Skilfish APU のディスプレイエンジンをサポートするパッチが投稿される ―― NAVI12_LITE

Update: 2021/09/28 20:31 +0900

RDNA APU Cyan Skilfish のディスプレイエンジン/コントローラー DCN 2.01 をサポートするパッチが amd-gfx メーリングリストに投稿された。

Cyan Skilfish をサポートするパッチは以前に投稿されていたが、その時はディスプレイエンジンのサポートを含まれていなかった。
Linux Kernel に RDNA APU 「Cyan Skilfish」 をサポートするパッチが投稿される | Coelacanth's Dream 今回サポートが追加されたことで、ディスプレイ出力が有効化された Cyan Skilfish ベースの製品が出てくる可能性が見えてきた。

また、Cyan Skilfish のメディアエンジンについてはまだ有効化、サポートはされていない。
User Mode Driver、RadeonSI (OpenGL), RADV (Vulkan) にもまだサポートは追加されていない。

Index

DCN 2.01

Navi1x はディスプレイエンジンに DCN 2.0 を搭載しており、Cyan Skilfish のはそこからステッピングが進んだバージョンとなる。
DCN 2.01 は最大同時画面出力数が 2画面となっており、他 APU ではほとんどが 4画面となっていることを考えれば少ない方だと言える。

 +       case CHIP_CYAN_SKILLFISH:
 +               adev->mode_info.num_crtc = 2;
 +               adev->mode_info.num_hpd = 2;
 +               adev->mode_info.num_dig = 2;
 +               break;

メモリには、ステイトの .dram_speed_mts の最大値から GDDR6 〜14Gbps、.num_chans から 256-bit (16ch * 16-bit) を想定していると思われる。
Cyan Skilfish のキャッシュ構成は現時点で、Navi10/Navi12 と同じものとされており、それに従えば Shader Array ごとに持つ RDNA L1キャッシュ (GL1データキャッシュ) は 128 KiB、メモリサイドキャッシュである L2データキャッシュは 4096 KiB (4MiB) となる。
Linux Kernel に RDNA APU 「Cyan Skilfish」 をサポートするパッチが投稿される | Coelacanth's Dream

 +                       {
 +                               .state = 4,
 +                               .dscclk_mhz = 400.0,
 +                               .dcfclk_mhz = 1000.0,
 +                               .fabricclk_mhz = 750.0,
 +                               .dispclk_mhz = 1200.0,
 +                               .dppclk_mhz = 1200.0,
 +                               .phyclk_mhz = 810.0,
 +                               .socclk_mhz = 1254.0,
 +                               .dram_speed_mts = 14000.0,
 +                       }
 +       .channel_interleave_bytes = 256,
 +       .num_banks = 8,
 +       .num_chans = 16,
 +       .vmm_page_size_bytes = 4096,

今回のパッチで明らかになった訳ではなく、自分が今まで気付いていなかっただけだが、他に取り上げている人もいなかった。

AMD の GPU ASIC には、external_rev_id/eChipRev という ID が GPUファミリー内でそれぞれ割り当てられており、Cyan Skilfish のそれは 0x82 (130) となっている。

 +   case CHIP_CYAN_SKILLFISH:
 +       adev->cg_flags = 0;
 +       adev->pg_flags = 0;
 +       adev->external_rev_id = adev->rev_id + 0x82;
 +       break;

そして、後に変更が加えられメインラインにマージされなかった内容ではあるが、2019/06 に投稿、公開された Navi10 をサポートするパッチの一部によれば、external_rev_id/eChipRev: 0x82 (130)NV_NAVI12_LITE_P_A0 と一致する。

 +#define FAMILY_NV 143 /* DCN 2*/
 +
 +enum {
 +   NV_NAVI10_P_A0      = 1,
 +   NV_NAVI12_P_A0      = 10,
 +   NV_NAVI14_M_A0      = 20,
 +   NV_NAVI21_P_A0      = 40,
 +   NV_NAVI10_LITE_P_A0 = 0x80,
 +   NV_NAVI10_LITE_P_B0 = 0x81,
 +   NV_NAVI12_LITE_P_A0 = 0x82,
 +   NV_NAVI21_LITE_P_A0 = 0x90,
 +   NV_UNKNOWN          = 0xFF
 +};
 +

何らかの理由で NAVI12_LITECyan Skilfish というコードネームに変更したか、新たに付けたと思われる。
ただ、Cyan Skilfish (gfx1013) はレイトレーシング命令を除いて、Navi10 (gfx1010) をベースにした範囲の命令に対応しており、Navi12 (gfx1011)/ Navi14 (gfx1012) がサポートする一部ドット積命令 (dot[1,2,5-7]-insts) には対応していない。
HWレイトレーシングをサポートする RDNA APU 「Cyan Skilfish (gfx1013)」 | Coelacanth's Dream そのため LITE と付いてはいるが Cyan Skilfish が元々 NAVI12_LITE だったというのは若干違和感を覚える。

とはいえ LITE と付く AMD APU/GPU については、メインラインに組み込まれなかったように、オープンソースドライバーでは対象にしていない GPU であり、情報に乏しい。
そこを超えて情報を集める気は今はあまり無く、また何かしら楽しむためには線引きすることが大切だと思うようになった。

RSSDiscussionFeedbackChangelog
Amazonアソシエイト
Original text, image is licensed under CC-BY-4.0 except where otherwise noted.