Tiger Lake-H のブートログ、lscpu、lspci ……

Update: 2020/12/25 00:49 JST

Intel は既にモバイル向けの Tiger Lake_L (Model: 0x8c) をリリースし、各社から採用製品が出されている。
その上位プロセッサ、(バリアント的には) デスクトップ向けにあり、ハイエンドモバイル (H Series) にも採用される Tiger Lake (Model: 0x8d) を搭載した Dell PC の Linux Kernel のブートログ、lscpu、lspci の実行結果がアップロードされている。

Tiger Lake-H の各ログ、実行結果がアップロードされたのは thesofproject/sof: Sound Open Firmware レポジトリで、Sound Open Firmware は Intelプロセッサやそれとペアになる PCH に内蔵される音声処理用のDSPのサポートを提供するため、Intel がオープンソースで開発しているプロジェクト。バグ報告のため各ファイルがアップロードされた。

   Architecture:                    x86_64
   CPU op-mode(s):                  32-bit, 64-bit
   Byte Order:                      Little Endian
   Address sizes:                   39 bits physical, 48 bits virtual
   CPU(s):                          16
   On-line CPU(s) list:             0-15
   Thread(s) per core:              2
   Core(s) per socket:              8
   Socket(s):                       1
   NUMA node(s):                    1
   Vendor ID:                       GenuineIntel
   CPU family:                      6
   Model:                           141
   Model name:                      Genuine Intel(R) CPU 0000 @ 2.60GHz
   Stepping:                        0
   CPU MHz:                         1602.049
   CPU max MHz:                     4800.0000
   CPU min MHz:                     800.0000
   BogoMIPS:                        6220.80
   Virtualization:                  VT-x
   L1d cache:                       384 KiB
   L1i cache:                       256 KiB
   L2 cache:                        10 MiB
   L3 cache:                        24 MiB
   NUMA node0 CPU(s):               0-15
   Vulnerability Itlb multihit:     Not affected
   Vulnerability L1tf:              Not affected
   Vulnerability Mds:               Not affected
   Vulnerability Meltdown:          Not affected
   Vulnerability Spec store bypass: Mitigation; Speculative Store Bypass disabled via prctl and seccomp
   Vulnerability Spectre v1:        Mitigation; usercopy/swapgs barriers and __user pointer sanitization
   Vulnerability Spectre v2:        Mitigation; Enhanced IBRS, IBPB conditional, RSB filling
   Vulnerability Srbds:             Not affected
   Vulnerability Tsx async abort:   Not affected
   Flags:                           fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc art arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx smx est tm2 ssse3 sdbg fma cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand lahf_lm abm 3dnowprefetch cpuid_fault epb cat_l2 invpcid_single cdp_l2 ssbd ibrs ibpb stibp ibrs_enhanced tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid ept_ad fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid rdt_a avx512f avx512dq rdseed adx smap avx512ifma clflushopt clwb intel_pt avx512cd sha_ni avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves split_lock_detect dtherm ida arat pln pts hwp hwp_notify hwp_act_window hwp_epp hwp_pkg_req avx512vbmi umip pku ospke avx512_vbmi2 gfni vaes vpclmulqdq avx512_vnni avx512_bitalg tme avx512_vpopcntdq rdpid movdiri movdir64b fsrm avx512_vp2intersect md_clear flush_l1d arch_capabilities

lscpu の実行結果を見ると、まず Family: 0x6(6), Model: 0x8d(141) と、既にリリースされているモバイル向けの Tiger Lake_L ではなく、Tiger Lake (Model: 0x8d) であることは確かだ。1
モデル名からも察せられるように、サンプル段階のシリコンであり、Stepping 0 となっている。

規模は 8-Core/16-Thread、総 L1dキャッシュ 384KiB、L1iキャッシュ 256KiB、L2キャッシュ 10MiB、L3キャッシュ 24MiB。
コア/スレッド数、キャッシュ容量共に、4-Core/8-Thread の Tiger Lake_L をそのまま倍にしたものとなっている。

ただ、サポートする命令に違いがあり、OpenBenchmarking.org にある適当な Tiger Lake_Li7-1165G7 の lscpu 実行結果2と比較すると、
Tiger Lake-HSMXTME をサポートしていることがわかる。
SMX は Safer Mode Extension、TME は Total Memory Encryption の略で、どちらもセキュリティ機能に関連した命令。
これらは Tiger Lake_L にも実装されており、組み込み向け (E Series) では有効化されている。
Tiger Lake_L のエンジニアサンプリングの結果をまたも OpenBenchmarking.org から引っ張ってくると、製品版の i7-1165G7 では無効化されていた SMXTME が有効化されているため3、サンプル特有の違いなのかもしれない。

iGPU については、lspci の実行結果に DeviceID: 0x96a0 の記述があった。
これは TGL GT1 に割り当てられた DeviceID の 1つであり4、今回の Tiger Lake-H は iGPU にそれを搭載し、DeviceID も共有していることとなる。

   00:02.0 VGA compatible controller [0300]: Intel Corporation Device [8086:9a60] (prog-if 00 [VGA controller])
     DeviceName: Onboard - Video
     Subsystem: Dell Device [1028:2112]
Intel Xe-LP /Gen12 GT0.5 GT1 GT2 GT2 (DG1)
Dual-Sub Slices 1 2 6 6
 EUs 16 32 96 96
  SPs 128 256 768 768
GPU L3$ Banks 4 4 8 8
GPU L3$ Size 1920KB? 1920KB 3072KB 16384KB5
RKL / ADL-S TGL-U / TGL-H
/RKL / ADL-S
TGL /ADL-P DG1/SG1

今月の初め、2020/12/04 には Dell がイーサネットコントローラーの電力管理に関するパッチを、リリース予定にある、デスクトップ向け Tiger Lake 搭載システムのため投稿している。6 今回の各ファイルをアップロードしたのも Dell に所属するエンジニアによるものだ。Tiger Lake-H 搭載製品の開発が、ある程度表に出して良いレベルまで進んでいると推測される。
Tiger Lake-H のベールが取り払われる日はそう遠くないだろう。


GithubDiscussionSource repoChangelog

関連記事
Intel Architecture Day 2020 個人的まとめ ―― XeHP は 1-Tile 512EU、XeLPアーキテクチャ詳細 Intel Gen12 GPU は AV1コーディックのHWデコードをサポート Intel Xe GPU 近況 ―― Xe-HPのメモリリージョン, PXP, Iris Xe MAX のサポート状況