Intel、サーバー向け GPU 「SG1」 と搭載カードを正式発表

Intel は現地時間 2020/11/11 付で、Xe-LP アーキテクチャ を採用するサーバー向け GPU SG1 と、それを 4基搭載するデータセンター向け PCIeカード H3C XG310 GPU を正式発表した。

SG1

SG1 のチップは Iris Xe MAX 同様に、コードネーム DG1 をベースとしていると思われ、パッケージ自体も Iris Xe MAX と同一に見える。

Intel Xe-LP /Gen12 GT0.5 GT1 GT2 GT2 (DG1)
Dual-Sub Slices 1 2 6 6
 EUs 16 32 96 96
  SPs 128 256 768 768
GPU L3$ Banks 4 4 8 8
GPU L3$ Size 1920KB? 1920KB 3072KB 16384KB1
RKL / ADL-S TGL /RKL
/ADL-S
TGL /ADL-P DG1/SG1

メモリ構成は LPDDR4x-4267 128-bit、ピークメモリ帯域幅は 68.35GB/s と、帯域面では Iris Xe MAX と変わらないが、メモリ容量が Iris Xe MAX は 4GB だったのに対し、SG1 は 8GB となっている。メモリとの接続方式も、x64*2 から x32*4 にしていると思われる。

H3C XG310

H3C XG310SG1 とそれぞれに接続される LPDDR4x 8GB を 4セット、SG1 4基をまとめる PLXチップを搭載した PCIeカード。
DG1 (SG1) は PCIe Gen4 に対応しているはずだが、H3C XG310 GPU は Gen3 x16 での接続となる。PCIe Gen4 の PLXチップがまだ登場していないからだろうか。

H3C XG310 GPU の製品ページに記載されているスペックを見ると、TDP が 23W と 150W の 2つあるが、前者は GPUチップ単体、後者は GPU 4チップ、メモリ、PLXチップも含めたカード全体の TDP と思われる。
Products & Technology- H3C XG310 GPU- H3C GPU の動作クロックはそのページには無いが、Intel が性能比較に用いた環境では 1.1GHz の設定となっており、製品版のカードもそのようになっているのではないかと思われる。2

Xe-LP アーキテクチャ をベースとする各 GPU の動作クロックは、TGL GT2 が 1.35GHz、Iris Xe MAX が 1.65GHz、SG1 が 1.1GHzとなり、サーバー向けということもあり SG1 は他よりも控えめとなっている。
Xe-LP アーキテクチャ は最も電力効率に優れる GPUアーキテクチャと Intel は主張しており、その中でも 10nm SuperFinプロセスにおいてスウィートスポットとなる動作クロックが SG1 の 1.1GHz付近なのだろうか。
ただ、この中でまともに単体での TDP がはっきりしてるのは SG1 のみで、Tiger Lake は TDP 設定によるし、Iris Xe MAX はプラットフォーム全体に設定された消費電力に左右される部分がある。

Xe-LP TGL GT2 Iris Xe MAX SG1
(H3C XG310 DVT)
GPU Clock ~1.35 GHz 1.65 GHz 1.1 GHz

具体的な性能と用途に関しては、2nd Gen Intel Xeon プロセッサ (Cascade Lake) 2ソケット、H3C XG310 2枚の構成で、Android向けゲームをクラウド上で 120〜160インスタンス (720p, 30fps) を動かすことができるとしている。

DG1 (SG1) は統合GPUである TGL GT2 と比べて巨大なキャッシュを持ち、またより多くのスレッドを生成、保持する構成となっている。3
こうした構成はまさしくクラウドゲーミングといった処理に向いていると言えるだろう。Xe-LP アーキテクチャ で強化されたデコード/エンコード性能も、ストリーミング処理では活きてくるだろう。
そうした点で、SG1 とそれを搭載する H3C XG310 はモバイル向けの Iris Xe MAX よりも DG1 を最大限活用しているように個人的には思える。

Update:
 2020/11/12 10:18 JST
Amazonアソシエイト