Intel、Lakefiled を正式発表 & AVX命令には非対応?

Intel は 2020/06/10付で、3Dパッケージング技術 Foveros を用いたハイブリッドプロセッサ、Lakefield を正式発表した。
Intel Hybrid Processors: Uncompromised PC Experiences for Innovative Form Factors Like Foldables, Dual Screens | Intel Newsroom
Intel® Core™ Processors with Intel® Hybrid Technology Brief

Intelプロセッサでは初のネイティブで 2つのディスプレイパイプを持つとのことだが、これはざっくりと、eDP出力が 2つあるという認識で合っているのだろうか。

また、メディア機能では EU/シェーダーによる動画エンコード、HDRトーンマッピングのようなポストプロセッシングにも対応しており、
同じ Gen11GPU でもそれらが削られていた Elkhart /Jasper Lake とは違い、Ice Lake 同等の機能を備えているようだ。

SKUは i5-L16G7i3-L13G4 の 2種類となる。

Lakefield i5-L16G7 i3-L13G4
Core/Thread 5/5 5/5
Base Clock 1.4 GHz 0.8 GHz
Max Single Core Clock 3.0 GHz 2.8 GHz
Max All Core Clock 1.8 GHz 1.3 GHz
GPU EU 64 48
Base GPU Clock 0.2 GHz 0.2 GHz
Max GPU Clock 0.5 GHz 0.5 GHz
TDP 7 W 7 W

AVX命令には非対応か

Lakefield で一番気になるのがここで、
まず Lakefield が 1-Core 持つ高性能な Sunny Cove コアは、Ice Lake のコアと同じだ。
だが、i5-L16G7 の製品ページを見ると、Instruction Set Extensions に AVX という文字列は無い。1
AVX512-VNNI 命令による高速な推論、Intel DL BoostIce Lake の特徴の1つだったが、やはりそれも製品ページには記載が無く、
代わりか、GPU を用いた推論において i5-L16G7i7-8500Y と比べて 2倍のスループットで実行できることがリリースではアピールされている。

もしも、AVX命令の対応を潰しているのだとしたら、Lakefield は命令別のスケジューリングには対応していないということになる。
そうなると、AVX命令以外にも、Sunny Cove コア、Tremont コアの両方が対応していない命令は、Lakefield では外されている可能性が高い。
つまり、CPUコアは非対称であっても、命令レベルでは対象、となる感じか。
まだコンパイラ側が対応していないが、TremontIce Lake /Sunny Cove が対応していない CLDEMOTEMOVDIRIMOVDIR64BWAITPKG といった命令に対応しているはずである。2

Lakefield のスケジューリングはあくまで負荷とシングルスレッド、マルチスレッドに応じたものなのだろうか。

その点、ハイブリッドプロセッサとして惜しい気がするが、Lakefield は第1世代であり、
次世代のハイブリッドプロセッサではより高度なスケジューリングが実装されていることを期待したい。


Update:
 2020/07/20 11:51 JST