AMD Renoir は HDMI 2.1 をサポート

足音をはっきりと立て、そろそろ姿を現しそうなデスクトップ向けRenoirだが、
先日マザーボードベンダー各社から発表された AMD B550チップセット搭載製品の仕様から、HDMI 2.1 をサポートすることがわかった。

8Kに対応するか

現行の AMD Navi1x世代GPU は、DisplayPort こそ DSC (Display Stream Compression) により 4K@240Hz、4K HDR@120Hz、8K HDR@60Hz に対応していたが、
HDMI は ver2.0b に留まり、4K@60Hzまでとなっていた。

AMDの説明では,「HDMI 2.1は現状まだ不要である」というものだったが,Naviの設計段階で,HDMI 2.1対応のトランスミッタIPがなかった,というのが実情だろう。

引用元: 西川善司の3DGE:次世代GPU「Navi」の詳細とRadeon Softwareの新機能をレポート。操作遅延を低減する「Anti-Lag」は本当に効くのか? – 4Gamer.net

Navi1x のディスプレイエンジン DCN2.0 より進んだ、RenoirDCN2.1 なら DisplayPort、HDMI のどちらからも 8K出力が可能、と思いきや、
B550チップセット搭載製品の仕様を見る限りでは、
GIGABYTE B550I AORUS PRO AX 1 はDisplayPort からは 5K@60Hz まで、HDMI からは 4K@60Hz、
ASRock B550 Phantom Gaming-ITX/ax 2 は DisplayPort 5K@120Hz、HDMI 4K@60Hz、
MSI MAG B550M MORTAR 3 は DisplayPort 4K@60Hz、HDMI 4K@24Hz となっており、
対応解像度がバラバラではあるが、どれも HDMI 8Kには対応していない点では統一されている。(見落としていたら連絡下さると嬉しいです。)
HDMI 2.1 が意味するのは、4K HDR と HDCP 2.3 への対応ということなのだろうか。HDMI 2.1 で追加された、可変リフレッシュレートの存在も考えられる。

そして、仕様的には、5K@120Hz に対応しているならば 8K@60Hz 出力も可能なように思えるが、そう記載しなかった理由はどこにあるのか。

余談だが、Intel Z490チップセット搭載製品の仕様から、Rocket Lakeで DisplayPort 1.4 に対応すると見られるが、HDMI は ver1.4のままとなっている。
Rocket Lakeの噂、そこからの推測 | Coelacanth’s Dream
このあたり、間接的に統合GPUの仕様で牽制しているようにも見えて面白い。

また、HDMI 2.1 はまだ普及しているとは到底言えず、対応しているのは高級テレビばかりだが、
次世代コンソール機、PlayStation5 と Xbox Series X の両方が HDMI 2.1 に対応しているため、それにより普及の加速とゲーミングモニターへの搭載が期待できる。


Update:
 2020/07/20 11:51 JST