Intel、Rocket Lake 一連の Linux Kernelパッチを投稿

Update: 2020/07/20 11:51 JST

Intel は次世代プロセッサ Rocket Lake をサポートする Linux Kernelパッチを投稿した。
OSSのコードに Rocket Lake の名が出るのはこれが初だ。
[Intel-gfx] [PATCH 00/23] Introduce Rocket Lake

GPU部は Tiger Lake と同世代、Gen12であることが明記されており、ディスプレイ出力が4つすべてコンボPHYを使用する、つまりは4つのType-C/TB3(4?)からディスプレイ出力が可能なものと考えられる。

(追記)
しかし、ピクセルクロックを生成する DPLL (Digital Phase-Locked Loop) は 3基とのこと。
[Intel-gfx] [PATCH 01/37] drm/i915/rkl: Add DPLL4 support
(追記終了)

追加された PCI ID は6つ。 ( 0x4C800x4C8A0x4C8B0x4C8C0x4C900x4C9A )
[Intel-gfx] [PATCH 01/23] drm/i915/rkl: Add RKL platform info and PCI ids

また、これまでのプラットフォームとは異なるメモリ特性を有するとしている。
[Intel-gfx] [PATCH 06/23] drm/i915/rkl: Update memory bandwidth parameters

PCH

一連のパッチにはPCHに関するパッチも含まれており、Comet Lake PCHTiger Lake LP PCH 両方のプラットフォームに Rocket Lake が今後追加されることを示唆している。
[Intel-gfx] [PATCH 05/23] drm/i915/rkl: Add PCH support

Tiger Lake LP PCH はモバイル向けとなるが、Comet Lake PCH に関してはデスクトップ向けも含まれるため、Rocket Lake がデスクトップ市場に登場する可能性が考えられるだろう。
また、Rocket Lake のGPUは Tiger Lake と同世代であることから、 Tiger Lake LP PCH ではCPU部で差別化を図るはずだ。果たしてそれがどこまでのものとなるかは気になる所。

GithubDiscussionSource repoChangelog

関連記事
Intelが開発者向けのPCIeカード型DG1を公開 Intel GPU Matome (Gen10/11/12)